旅行・地域

2009年3月 2日 (月)

引っ越しました

風来坊一人旅から run 遙かなる旅路へと引っ越したよscissors

また一段と編集力をアップしたのでup今まで通り見てなeye

  ここをクリック → http://blog.goo.ne.jp/go-furaibo

  またshine笑うてもらうで ~happy01

     ・

     ・

     ・

 次回予告編 coldsweats02

 【  駅……STATION  】sign04sign02                                                                                                                 

_1_2

 

【 混浴露天風呂 】spa

Photo_2  

  ……?

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

甲子園浜マラソン大会

  sun今日は創設4周年のマラソン大会sunImg_0241_1            

lovely会長さんの英語を交えたユニークな挨拶scissors

Img_0246_1

run校生以上から50歳までの10km一般の部でのrun   

crown優勝者は 森田 大介さん

scissors愛娘のピースサインなかなか良いでしょ

お父さんより目立っていたねhappy01Img_0271_1

clockは33分09秒と高レベルな大会でありながら

小学生の部、親子マラソンからウォーキングまでshoeImg_0248_1            

幅広く、アットホームな雰囲気が良いよなgood

又、今年から あしなが基金も始められ、          

さらに有意義な大会になりましたhappy01

参加人数も年々増え地元のボランティアの方々のご苦労も並たいていではないやろうなgemini

eyeご覧下さい風光明媚な ここのマラソンコースをImg_0261_1

私は行ったことがないので知らないんだけど 

waveハワイのホノルルマラソンのコースに似てると言うことで

ミニホノルルマラソンと言うよう

な位置づけで、スタートしたように記憶しているのですが

後ろには青い山脈の六甲山が控えfuji

海にはウインドウサーフィン愛好家が集うところyacht

足元に目をやれば阪神間に在りながら この綺麗な砂浜shine

それも其の筈 この砂は広島の瀬戸内の砂を遥々運んだんだよ

annoyそれで 納得 浜辺を歩くと、いろんな貝殻の中に牡蠣の貝を 波打ち際で、見つけ それを拾って来て開けてみるとeyeビックリannoy     

小さいながら ぷっくりとした立派な牡蠣ですよconfident     

Img_0277_1

こんな環境の良いところで毎朝runジョギング出来る

スーさんが羨ましいよ~wink

これからも益々お元気で甲子園浜runrunrunrunが末永く発展することを心よりお祈りしていますfuji 

          (* ̄ー ̄*) 

            drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

宮島の主峰、弥山へ

coldsweats01安芸の宮島にある厳島神社とともに世界遺産に指定されている弥山に登ったよshoe   

 左上が弥山(ミセン)の頂上、其の右の部分が土石流による崩落現場Img_0165_1_1

 shipJRのフェリーにて宮島へ往復¥340案外安いんだよねconfident 厳島神社の入場券¥300もしかりそれに比べて

parking駐車料金の¥1000weepが高く感じるのは風来坊だけかなshock

camera先ずは厳島神社へ向かうことに今日の朝の満潮は7時20分とのこと私が厳島神社に着いたのが 8時30分で満潮より1時間遅くなっているrun

Img_0184_1                                           

Img_0169_1_2

Img_0194_1 Img_0179_1

 高さ16メートル、自重60トンの大鳥居が海底深く埋められてると 思いきや

good敷石の上に自立してるとは風来坊も見習わないとなcoldsweats01 

               

弥山(ミセン)は標高535メートルで弘法大師が806年に開基して以来paper神々が宿る霊山として信仰を集めてきた山shine     

厳島神社とともに世界遺産の指定も受けていますscissors

山行は登りが紅葉谷コース下りが大聖院コースshoe2時間程

   eye頂上より南東の瀬戸内を望む                Img_0215_1

頂上にある干満岩という大きな奇岩に空いた穴 Img_0224_1_4 

Img_0225_1

巻頭のcameraにもあった崩落現場                                    

Img_0226_1       Img_0229_1                                       

動かざることfujiの如しと言われる霊山ですら、日々崩落により例外なく山景が変わり行くのを見るに尽けgood人の心の移ろいの儚さを感じずにはいられません。  ゚゚(´O`)°゚  

        drama

いやいや~こんな終わり方は 風来坊らしくないな~coldsweats01

 そうそう今日も有りましたbearing

観光マップで弥山への取り付きルートをeye 探している時

sign02突如可愛い子鹿がマップをガブリimpactpunchImg_0203_1                  

 

           bellオーイまだ見てないよ~weep

      。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

              drama                                                                                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

雪の韓国岳へ

fuji開聞岳を下山して、霧島えびの高原の、天気予報を検索すると、明日だけは快晴、その後は第二派のsnowtyphoon大型寒気団が来るとの事         

今から高速を使えば、明日、えびの高原、最高峰の韓国岳に、登れるかもで、rvcardash走りに走り7時過ぎには、えびの高原着、着後spaに入り明日に備えて就寝downsleepy

eye朝起きてビックリ一面の雪景色、これでは暫くは動けないな、あとは山行に良い天気待ち、結局、この日は晴れ間なく明日に期待をweep

二日目の7時過ぎ青空が見え始めてきたのを、見定めていつもの山行弁当(俵むすび、と出し巻き卵)を作り始めたよscissors

準備が出来た時には、どこにも青空はなく、どんよりと、snowまでちらついて来たよ、行ける所まで行こう、そのうち、天候が回復するかもと期待しつつ出発 

typhoon風が冷たいのと、ホワイト・アウト寸前Img_0034_1。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

  sunこの日一度だけ、明るくなった瞬間Img_0021_1

                                                                                                                                                                            

Img_0042_1

三日目sun、この日は下山するつもりで準備をしていたんだけど、あまりの晴天に誘われて、弁当も持たずに登ることに

昨日とは一変最高の山行日和happy01  Img_0067_1_1                                       

                                               

Img_0071_1 Img_0083_1 Img_0094_1_2 Img_0106_1  

大浪池の左上に見えるのが、錦江湾に浮かぶ桜島Img_0086_1fuji

韓国岳のピークImg_0104_1

eye手前から、新燃岳,御鉢、高千穂峰Img_0129_1

  愛車に取り着いたツララbearingImg_0146_1

   

coldsweats01去年も、雪に捕まったりと、懲りない風来坊、今年も波乱万丈、面白い年になりそうやな~shine

bleahコメンテーターの皆さん,楽しみにしといてやsign02

( ^ω^)おっおっおっ

                     drama

                  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

オープン・アップ・開聞岳

fuji今年最初の記事は、薩摩半島、南端にある開聞岳(924㍍)登山で幕開けhappy01 開聞岳は薩摩富士の別名を持つ、

fujisleepy休火山で錦江湾の入り口に位置してる、ところから   海門岳という、異名もある。Img_3677_1

この日は菜の花マラソンの当日、終わるまで通行止めImg_3698_1happy02

coldsweats01去年の正月に妻と登る、約束を、私のワガママで行けず、1年後の実現に、なったhappy01

shoe登山コースは登山口より7合目までは、鬱蒼とした、   

樹林帯の中を進み、7合目にしてようやく、展望が開けてくる、この日は、このところのtyphoon寒波の到来で、8合目から雪の上を歩くことになる、 

9合目からの急登坂では、踏み固められた雪は氷状態、でコンパウンドの堅い登山靴では、ツルツルで、3点支持、を忠実に守っての山行になったcoldsweats02

頂上は巨岩が積み重なったよう、 視界は360度の大パノラマに、疲れも吹っ飛ぶほどの感激happy01       

paper頂上でカメラを、持ってる仲間が、登って来れないと 嘆き、降りようとしていたdown熊本から来たパーティ、 

8人も居て誰一人カメラを持ってないのも珍しいなあsign02Img_3683_1 

   

                                                                                                                

久しぶりの登山を、無事に終えれたことに感謝scissors

        (^-^;

       drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

やったぜ! baby!

 camerashine古座海岸の海霧

Img_3542_1

happy01ついに撮れたよscissors

通いに通ってrvcardashdashdashdash4回目 

やっと 風来坊のイメージ通りのcameraカットが撮れたよんup

この朝はsun日の出の時刻に通ったのは ship一艘のみ

たった一度のシャッターチャンスやったよthunder

思えば 前の晩に 

sad撮影場所近くの駐車場に車を入れるのに擦ってしまうわ

punchやっと寝込んだところでお巡りさんに職務質問されて

着いてから食事するときに飲んだ酒を酒臭いと言われるわ

coldsweats02職務質問の模様をブログアップしたいと撮影させてと言って怒られるわ

踏んだりboutique蹴ったりの風来坊やったけどdown

wink念ずれば通ず  heart神は我を見捨てず notesありがとさ~ん

  (v^ー゜)ヤッタネ!!

          drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

橋杭岩&古座海岸

camera南紀には沢山eyeビューポイントが有るんやけど今回は朝の橋杭岩と古座海岸に出る海霧を取材に行ったよhappy01

sun夜明け前の橋杭岩_1        Photo_2                                                                                                                                              

_1_2

wobbly今回の撮影,本当はドジってるんや

11月19日、 夕方から急に寒くなり slateでも今季一番のdown冷え込みの朝になると聞きear ひょっとしたら海霧が出るかもflair と撮影現場で泊り込むべく古座海岸に向かったんやrun

古座に着いてから迷いだした、幾ら寒うなる、いうても、11月に海霧は出んやろうsign02  以前良く撮影に来たのは2月で水道管が凍るsnowとの予報を聞いて200km以上を走って来たもんやったrvcardashそれでも、なかなか海霧は、出んかったナ~wobbly  

海霧が出ないと ここではcameraにならんな、そのてん、橋杭岩やったらどんな条件下でも、朝になれば写真になると判断ng  しかも古座からは10km弱という事で、橋杭岩に移動、それが、上の写真sign02、 帰り道古座まで来ると7時を回ってるのに  結構濃い霧が出てるやんショックweep 

ショックのまま帰って来たその日の晩、夜半から冷え込んで来たのと諦め切れないのとでnightに出かけて行って、明け方、写したのがこれcamera

  sun明け前の古座海岸                                                                                                                                                        _1_3

_1 flair海霧は寒い朝にしか出なく寒暖の差が大きい程出やすいらしい

こういう、art発色は太陽が出てから3分以内が勝負だよ、 その時に船が居ると良いんだけどな 6時55分撮影delicious 

側にいた地元のカメラマンに聞いたところ、昨日の方がいい霧が出たよといい、11月から12月にも結構でるんだよ、との事paper 

sun前日の太陽が昇りきった7時17分撮影_1_4

たまに、来たぐらいでは、いいのが撮れないよsign03、という、事かな~weep

   (´・ω・`)ショボーン

           drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

南紀勝浦を行く

maple紅葉前線に押されるように、常夏の地 南紀勝浦に到着rvcardash

ここは、人も街も常夏で暖かいよconfident

good懐かしい地元の人や キャンパー仲間から歓迎され、感激しきりhappy01

新鮮な牛のレバーやら、イセエビ、蟹、みかん、白菜、たまねぎ、釣りたてのアジ,カマス、ポテトサラダ、などの差し入れを頂き一人旅の風来坊は助かっとりますscissors

sharpキャンパーが集える条件には、いくつか、ある中で、

 cancer気兼ねなく無料でcarがとめれる

 cancerトイレが有る

 cancer飲料水が有る

 cancer近くに風呂が有る(低料金&無料)

この四つは、欲しいな、しかも、ここには

 moneybag食料の買出しが歩いてでもいける

 fish毎日、無料で、釣りが出来る(アジ、鰯、カマス、グレ、ヒラメ、タイ、アオリイカ、イセエビ、)

 wave近くに風光明媚で、有名な観光地が盛り沢山

しかも、人も気候も暖かいhappy01

 flairこんなに、良い所に、集えるのも キャンパー仲間のマナーが良いから続いてるのやろな~sign02

  airplane空撮による那智勝浦漁港全景  駐車帯左から3台目が風来坊の愛車happy01Img_3254_2_1    

  parkingくつろぎの駐車場_1 

sun温暖な気候で、いつまでも咲き続けるハイビスカスPhoto_3

 fish太公望で賑わう波止場 _1 

spa私の好きな露天風呂(300円)の側にある  毎分数百ℓの温水が噴出す 無料の洗濯場Photo_5

restaurant地元の人の差し入れで、靴より大きな、伊勢海老と蟹Photo_4  

nosmoking公園内を毎日ボランティアでゴミを拾って下さるMさん_1_3

      

ここには、春まで居たい所なんだけどせめて、正月ぐらいは家に帰らないとね、嫁に、叱られそうですcoldsweats01

        。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

          drama      

        

                        

                              

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

琵琶湖大学駅伝

paper京都に帰ってきて先ず琵琶湖の湖西線を走りたくて         羅星の森本先生と出かけたよrvcar

湖西線に来たらよく立ち寄っていたcafeパレットに行き美人のママとの久しぶりの再会と語らいに花が咲きすぎcoldsweats01

表に出たときにeyeビックリ仰天 進行方向の車線がピクリとも動かない大渋滞sign02 反対車線は車一台走っていないではないかいなshock

ママに聞いたところ 今日は琵琶湖大学駅伝runだとか、    

ラッキーscissors喫茶店にお客が居ないのを良いことに ママと一緒に総てのランナーに声援を送ったよhappy01

Img_3040_1_2

Img_3045_1_2Img_3046_1_2Img_3047_1_2Img_3053_1_4

結果は招待校で総合一位 第一工大(鹿児島) 二位 立命大 三位 京産大 

happy01躍動感あふれる走りを目前に感動したね

cherryblossom春には桜見物で賑わうマキノ町 Img_3066_1海津大崎の桜maple                 

Img_3072_1_2 

 

    _1_3 

白髭神Img_3060_1_2より

以前は、先生と二人で よく出かけたのを想いだすな~rvcar

私の父親が生きていたら同じ歳ぐらいなのもあって、親子の様な付き合いをさせてもらい  写真に対する姿勢やら人生訓を教わったような気がするなgood

この日も夫婦のありように尽いて 耳の痛い意見を頂いたりと有意義な時間を過ごせましたsign02 ハイ  coldsweats01 

   (;´д`)トホホ…

              drama

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

冠雪富士を見る

paper富士山に雪が積もったのでfuji撮りに行こうとの誘いを、二科会のA氏より頂きPFJのO氏、写友のO氏、と共に精進湖に集うことにrun

初日の朝からrain模様で夕方頃に、三合目位までが見えた程度で写真にならず

あくる日の昼過ぎにやっと姿を現したんだけど、雪はほとんど解けた状態でがっかりImg_2794_1weep

4日目と5日目に雨が降ったんだけど富士山の姿は見えず

あくる日に二十曲峠に移動し、昼過ぎにやっと姿を見せ始めたよeye

そのsnow冠雪富士にいつも見慣れている諸氏からもオ~と歓声が挙がったpapersign03                            

 二十曲峠よりeye    _1_2 

         

忍野八海より eye          O                                                                                  Img_2918_1

精進湖よりeyeImg_2978_1

Img_2956_1

S 

_1

朝霧高原より

A 

happy01嬉しいコメントを頂いたのは、羅星クラブの山岡さんではsign02頑張っておられる様子で懐かしいですscissors

coldsweats01写友の古川さんと森本先生にはアドレスを知らせておいたのですが 

sun皆さん、変わりはないでしょうねhappy01

sun今後の羅星の益々の発展をお祈りしていますshine

(* ̄ー ̄*)

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

旅行・地域