2008年6月10日 (火)

風来坊一人旅

shine08年6月10日ブログ・デビューshine

私こと風来坊は、車にて三陸海岸を北海道を目指して、北上中なりscissors

旅先での出会い、出来事を写真とともに、綴っていけたらなあ~と思っていますhappy01

6月9日三陸海岸、北山崎展望台駐車場にて3:30に目覚めるとあたり一面、濃い霧   

で早速、第一展望台へ始めは、暗く見えにくい時間帯から霧が消えるまでImg_1040_1

第二展望台、北山浜に通じる波よせの所までよく歩いたよrun

波よせから、第一展望台までずっと登りの階段で750段ほどあったよ!Img_1066_1_2

よくもまあ、作ったり、やなあ~   この断崖絶壁にカンシャ・カンシャ

シンドイ・なんて、言ってられんよ!

ホンマニ、ホンマ・イヤ~ ホンマヤデ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

薬研温泉に入り浸り

scissorsImg_1209_112日より薬研温泉に来ているよ!

happy01やっぱり、カッパの湯は、いいな~  開放感があり、私好みの長湯が出来るspa

むつ市の清掃管理による遊歩道、トイレ、露天風呂・・・が快適に保たれてるよscissors。  

去年お花畑を、見に夕張岳へ登ったのが、少し遅かったので今年は、早めの20日頃には、北海道に行くつもりでいたのですが、先に北海道入りした友人達の話ではear洞爺湖サミットが終わってから来た方がいいよ、行く先々で何度も検問を受け車内まで調べられるし

特にキャンピング仕様の車は特に厳しいよとの事bearing、 早く行って不愉快な思いの旅をするより今年は諦めてサミット明けに北海道に行こうかと、迷っていますweep、  

幸いここは、ゆっくりとくつろげそうなので、長居をさせてもらおうかなとも思うところです。      迷える風来坊  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

漁師になった風来坊

happy01奥薬研で、知り合った大畑漁港は、玄海丸の船長でベッちゃんこと、阿部さんのご好意で漁に同行出来ることになり、津軽海峡近海で、カレイ釣りを楽しんだョ~scissorsImg_1221_1   

釣果の方はカレイが12枚とコチが1匹です。ベッちゃん曰く船酔いで,蒔き餌までして、これだけでは、商売にならないと笑われたよんweep               

船長、ありがとう、又つれて行って下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

北がねぐらの風来坊

Img_1243_1 津軽海峡、渡って来たよ、

 送ってくれるはカモメだけ、鳴いてくれるなカモメさん、俺もおまえも風来坊、ここらでいいよ、未練だよ、 秋には元気に迎えておくれ、はやり風邪などひくのじゃないよ。  

北がねぐらの風来坊

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

風来坊一直線

                                                                                                     

室蘭市白鳥大橋  AM4:00  朝4時の白鳥大橋、前方が霧で霞んで幻想的な風景だったよscissors                                                          

Img_1273_1_3_1_2

中央国道 R12

Img_1293_1_4

  北海道の道路は広くて真っすぐな道が少なくは、ないんだけど、中でもR12は日本一の直線道路なんだって(29.2㎞)、走ってみても、本当かな~ぐらいなんだけどsign02 

flair真っすぐな道路ならハンドルを切らなくても良いよなあと、考えるのが風来坊、ハンドルを、放してみる、徐々に左に寄るよ、何度試みても左による

この車に乗り出してから1年と3ヶ月、初めて相棒の性格が分かったようなcoldsweats01、 路側が低いのかも、今度はハンドルを動かさないようにしてみる、怖くて10秒と続かない、何回やっても10秒以上続けられない、と判った一人遊びが上手な、 smile馬鹿な風来坊。    

これだから29㎞だって退屈しないよ~ん!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

吹き上げ温泉露天風呂

ここ吹き上げspaは6月23日より、朝から晩まで楽しんでいるよscissors  

Img_1352_1

場所は上富良野町大町にあり、 泉質は酸性塩化物泉との事、効能は神経痛、関節痛、皮膚疾患、等々、中でも健康増進と、あるのは泉質より混浴の賜物では、いやいや、失礼それは精力増進やったねcoldsweats01 ハッハッハ 

ここは深夜1時2時でも、けっこう入浴に来られるんですよ、 特に夜遅く、娘さん2人分位の年齢sign02のご婦人と星空の下で語らうのも、乙なものですwink  ちなみに、これを写したのは朝4時ぐらいです 

この時も既に2人、入っておられたのですが、ファインダーに入らないように、ご協力願いました。   confident有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

風来坊の相棒

sunImg_1402_1今日は、私の可愛い相棒を紹介するよ。           幼名がハイエース、源氏名は、石松君(キップのいい走りをするんだ)

身長583cm。体重1960kg、ウエイト・約1トンを持ち上げたまま、長いゆずり車線を、100kmでrunんだ

好きなbeerは軽油で、1リットルも飲ませてくれれば13kmはImg_1409_1 機嫌よくrunってくれるよlovely

内装は全て風来坊の手作りでscissors

机は私が仕事とで愛用していた物、イスは、25年使ったベットの背もたれ、シンク、トイレも愛妻が25年使った、洋服ダンス3本セットの2本を使ったよ

もう1本欲しいと云ったら、いつもは優しい妻が1本ぐらい、置いとけ、このバカタレpoutと怒られたよんcoldsweats01!            

   dogキャイン、キャイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

上へ下への、風来坊

shoe富良野岳(1912m)より富良野の田園の丘をeye  Img_1335_1                手前の花は(エゾノ、ハクサンイチゲ) 頂上付近はこの花が細い登山道の両側一面咲き乱れて迎えてくれるconfident

まさに花道だよね、 この日は天気がcloudこの時も一瞬だけ雲切れたんだ、  happy01ラッキー      Img_1383_1_2                                                                                                       sunこれは富良野の田園から富良野岳をeyeところ

 正面が前富良野岳、その左が富良野岳scissors    

貴方は、山から見るのが好き、それとも田園からですかsign02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

踏んだり蹴ったり風来坊

愛用のサンダル、盗まれる Img_1556_1_2              

愛車の入り口に、生ゴミの袋を置き、横にサンダルを脱いで、車内で食事の後片付けをしていた時

入り口でearガサガサと、音がしたよ

eyeとコン太がサンダルをくわえて行く所です。

run追いかけても後の祭り、以前より聞いてはいたが、まさか私のを、しかも、生ゴミを持って行かずにサンダルをhappy02

余程生ゴミより臭かったのかなあ                                                  持って行ったのはこのコン太 Img_1789_1_3                      punch捕まえても白状しそうにないよなあ! 

これで終わらないのが風来坊shockとりあえず、安物のサンダルを買い 、夕方そのサンダルでいつもの吹き上げのspaに行き、帰りに階段で滑ったよ~coldsweats01

その時にキーに免許書入れをくっつけたホルダーを落としたみたいdown

気づかず丸一日たってから、キーがないのに気が付き、階段で滑ったのをflair思い出したんよ

探しに行ったら、やっぱり、あったんだけど免許書だけが無くなってたよ~weep Img_1562_1_1

   まあ,そのうち良いこともsign02   rainsun         

  右が落としたキイホルダー                                                                                                                                    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

風来坊の仲間たち

                                                                                                       吹き上げのspaで家族のように、行動を共にした熊本の氏、伊豆の氏、豊田の氏、happy01しばしの別れ

  又何処かで逢えるといいなあ~scissors  Img_1557_1              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

風来坊、二ペソツ山へ

  happy01去年から、憧れの二ペソツ山(2,013m)へscissors

sunさすが人気の山、平日の朝5時には駐車スペースには車がビッシリ、  Img_1609_1

この日は、

体調も良く取り付きから、いきなり高度を稼ぐ山行にもかかわらず、先行組みを、どんどん追い越す快調さで

コースタイム6時間50分のところを3時間40分で登頂、 

頂上では天候もよく360度の展望を満喫、この爽快感は、登らないと判らないよな~、見て良し、登って良しの山、

ところが、登りのハイペースが下山で苦しめられようとは、二ペソツは、大きな登り返しが2箇所あり標高以上に厳しさを思い知らされた、

いつもは水を残して下山するように心がけているんだけど、あと30分で下山と読み違えて水を飲み尽くしたのが悪かった30分、40分経っても想い描いている景色に行きつかない。 

そのうち喉は渇き汗も少なくなり身体が熱く感じるようになって、5分ほど歩いては休むような歩き方になり、

下山したら冷蔵庫のお茶を飲もうかビールを飲もうか、先に、登山口の沢に飛び込もうか、などの妄想に取り付かれ、結局それから1時間半ほどかかり下山、結局ビール片手にパンツ一枚で沢に飛び込んだよ。

beerそれにしても沢水の冷たいこと、ビールの旨かったこと格別やったな~happy01      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

風来坊、秘湯ヌプンへ

今回は、新得町のヌプントムラウシ川の上流ダートコースを走ること15キロにあるヌプントムラウシ温泉をImg_1709_1紹介するね                                                                              

風来坊がキャンプした所から右上が温泉、その左の蒸気が上がっている所が、源泉の噴出し口でほぼ100度のアルカリ源泉 Img_1686_1_2                      

ここの温泉は新得町の管理により、週1回の清掃がされて 又、温泉好きのユウザーの清掃や、水取り込み口の管理も行き届いていて結構快適に入れるよ、

又この源泉は温度が高く湯量も、多いのでほとんど川に流されているんだよ、ここに、生卵や、とうもろこしを浸しながら、温泉に入ると、帰るころには、程よく出来上がるよ、    Img_1668_1   

ここは緊急避難時のみ利用可のヌプン小屋、左がトイレなんだ。去年再会を約束した愉快な仲間たち、来年も会いたいもんやなあ~Img_1594_1_3              

3日目には誰もいなくなり風来坊一人きり、いるのは熊と鹿とアブ達だけ、車の中で電気ショッカーで、昆虫採集が出来たよ。

赤とんぼの数はアブの100倍ほど赤とんぼが、アブやったら、飛んで、逃げ帰るわ!                                                                                                                                                                                                                                                           Img_1727_1_2                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

風来坊、アポイ岳へ

アポイの駐車場にて、偶然に友人の小池氏との再Img_1748_1_2happy01     

shoe翌日一緒に山行をやることになり 、  標高811mのアポイ岳、大したこと無いよなと、いつもコンビ二に行く格好のまま、水も500㏄とおにぎり1個で散歩感覚で出かけたよsun  

予想道理、道幅も広く、よく整備されていて、カップルで手に手をとって、スキップしながら行けるよな、まさに遊歩道やなあと、スイスイと、5合目までいったよ、    

ところが、そこからが、アポイのアポイたる所、長~い、急登坂の連続

胸が登山道に触るようなところも数箇所、胸突き八丁とは、まさに、これやなあ。 

  標高が低いからと、ナメたら、あかんで!happy01     

登山道の整備や、花の盗掘を監視している、ボランティアの方に花の見頃を伺ったところ、5月から6月ごろとの事今は少ないよと言われたんだけど、私なりには結構楽しませてもらったよ。Img_1751_1_2    

まさか、この時期にシャクナゲが見れるとは思ってなかたし、良い、山だよ、とは聞いていたんだけど、ホントにお勧め                                                

                                                                                                                    scissors  エゾシャクナゲ 

Img_1734_1_3

 

 しばらく、道案内をしてくれた 娘さん、Img_1737_1_2

      風来坊に惚れちゃあダメだよheart02                                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

京子さんとの出会い

annoyすごい人に、出会ってしまったannoy

Img_1756_1

ショック、こんな人が本当にいるんや、 アポイの無料駐車場に宿泊している人が、  この近くにコインランドリーは無いでしょうかと、聞いてきたんよ。       

 近くには無いんだけどとある場所を教えたみたい、私も20キロ先の浦河に有るのは知っていたんだけど、その方は困った様子で思案していたみたい、       

それを見て京子さん 、私が洗って明日の朝に持ってきてあげるよと、   エエ~、それ何、どう云う事なん? 北海道を旅して20キロや30キロなんて普通だよ、   私の好きなヌプントムラウシなんかコンビニに行くのに片道60キロだよ、 去年、知床で虫に刺されて病院に行くのに、皮膚科の専門が無い、という事で網走まで走ったんだよ、 なんて思う私なんかには、理解できないんだけど。        

初めて京子さんに逢ったのは前日、ビジターセンターの展示物を観に入った時、  親子3人が交互に写真を撮り合っているのを見て、  撮ってあげようかと声をかけたのが最初で、 その時はそれだけだったんだけど、その時に、ああ、お母さんでないんや、センターの、オバサンなんや、それにしても、よく、なついてるなあ、知り合いの子かな位に思ってたんよ 。 

翌日下山してから小池君とパジャマのまま、センターに展示物を観にいって京子さんといろいろと語らう事になったんや。

初めはシャクナゲが咲いてたことや、花の盗掘なんかの話から以前勤めていた会社の話やらボランティアの話など、面白おかしく、どんどん話しに引き込まれていったんよ、  カンボジア難民救済活動に参加されている京子さんの話には、グッと胸につかえて、はずかしいんだけど涙が止まらなくなったよ。   

あくる日に、早朝、聞き覚えのある声に、 あれ、 京子さんでは?  洗濯物を届けたついでに、弁当を作ってきたよとの事、    私だけじゃあないんだよ、小池君と洗濯物の主と私のとなりの車の坂田さんの四人分、  それから、口で説明しても分らないからと、京子さんの、車に乗せてもらい地元の人しか知らない、展望台を案内してもらったよ。 

おそらく今日だけのことじゃあないはず、口だけじゃあない、さらっと、やってのける行動力、相手に何も望まないし、プレッシャーも感じさせない、  反対に、それを楽しんでいるよう。  だから、 いつまでも、続いてるんだろうな、 今まで私はボランティアなんて、売名行為の偽善くらいにしか思っていなかったんよ。   

ゴメンナサイ、本当にゴメンナサイcoldsweats02   

京子さん、すべてに愛を!やね。Img_1761_1            

ちなみに、 お弁当の中身、 ナスの味噌田楽 、 サンド豆の胡麻和え 、コンブと大豆の煮付け、 こんにゃくと小芋と練り物の煮物、 時無し鮭、 今年の梅ぼし、

旅に出てきて以来(7ヶ月)の家庭料理ごちそうに、なりましたhappy01heart02            

   

 展望台からの親子岩 Img_1758_1_3                                          

    heart02最後に京子さんのお気に入りの言葉heart02                             

 shineあなたとの出会いは、生きていくごほうびshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

出会いPTⅡ

confidentscissors今日は風来坊お気に入りの場所での出会いを紹介するよ。Img_1879_1_3                                                           

 

ここは、水も冷たく綺麗で、オショロコマ(岩魚)もいる    所キャンプには最適で、風来坊、お気に入りのひとつ。

蒸気が上がっている岩場は、いつも暖かくて         ここで暖を、とる人もいるよ、 

右の水辺に温泉が湧いていて石を組んで露天風呂を    作ることも出来るんだ。Img_1877_1_2

ただ、ここは上流で雨が降って、しばくすると、急に     水嵩が増え濁ってしまうよ、

去年は20m上流の橋が流れかけたよ。

今日はここに遊びに来た、めずらしい、            ゲストを、紹介するよ。                                                                                                                                                  Img_1766_1_5 Img_1771_1_5 Img_1776_1_3         

  Img_1816_1_5

        

                                                                                                           

                                                                                                                           

Img_1779_1_2

dogの名前は、プリンと云ってゴールデンレットリバーと    ラブラドールの混血で盲導犬の訓練も受けたこともある       賢いこなんだ。                              

石を投げ入れても、見えるところなら潜ってでも取って    くるんだけど

今日は撮影のため、近くに有った木切れでやってみたよ                             

ワザと急流に投げ込んだよ、流されながらも、        諦めないで果敢にアタックしてくれたね。               

キミは、凄い!

後談なんやけど、この川やったらオレも泳げちゃうぜと   キャンパーでスイミングに通ってると言う彼            パンツもオリンピックにでも、出ようかと言うような        本格的なやつに、ゴーグル、を付けてクロールをやり出したよ。                    

さすが長年やってるだけ、あって泳ぎは綺麗なんだけど  あんまりにも、一生懸命に泳ぐもんだから、               

滑稽で笑いをこらえるのに大変、魚でも、くわえてきたら  拍手でもするんだけど

暫くして寒いと言って、その格好で露天風呂に行ったよ。       

ちなみに、知人は、当年とって、61歳、彼の名誉のため  写真は出さないで、おきましょう。 

次はあくる日の朝のゲスト、登場                                                                                                          テントの下で朝食を済まして一服 していた時、川下から  鴨の親子らしきのが、 泳いで来るやない。Img_1875_1

初めは遠くから撮影してたんだよ、それでも逃げないで  目の前を、餌を採りながら通り過ぎ私のテント場の      前にある岩場に登り暖を取り出したよ  Img_1826_1_3

 Img_1854_1_2

30分程して、親鳥がチイ、チイと鳴きだしたのを合図の   ように水に入り餌を採りながら上流に行ってしまったよ。

    think 癒しのひと時を、ありがとう confident

        drama                                                                                                   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

いたずらコン太・ 百態

dog  以前に生ゴミの、側に置いていたスリッパを咥えていった。コン太を紹介したよな。

scissorsそのコン太が、最近、異様に、なついて、側から離れなくなってしまったよ。

それからは、すぐ側で、いろんな仕草を見せてくれるように、なったので、それらの、一部を紹介するよ。                                

      

     コン太_1_10                                                                

かゆいよう_1   

_1_12

                 

こんにちわ_1_13 

 抜き足差し足_1_14  

あまがみ_1_2   

はいポーズ

_1_16

    

大あくび

_1_17

  

一眠り

_1_18

  

就寝_1_20

       

heart02んなに、可愛いところを見せてくれると、サンダルの件は忘れるから、風来坊の匂いの付いたサンダルを、いつまでも、持っていておくれ。

 run 来年も、忘れずに、顔を見せるんだよ happy01

drama                                                            

         

                 

             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

風来坊は元気でおります

happy02ご心配をおかけしました

秋の気配漂うspaヌプントムラウシでのんびりとしておりました

地震がありwobbly紅葉が始まり秋を満喫しましたが

電波圏内に戻ってびっくりsign02家族からの捜索願で、いきなり警察署からtelephoneがかかって来たりと、えらいことになっとりました

ご心配になった皆様ごめんなさい

Img_1888_1

( ^ω^)おっおっおっ

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

風来坊☆銀泉台で紅葉狩り

maple 今年も紅葉真っ盛りの銀泉台に行ったんよ run

シーズン中はマイカー規制があってシャトルバスで行くんだよ

 bus400円bus

先ずは、風来坊お気に入りの紅葉を 見てなヽ(´▽`)/

Img_2266_1

Img_2294_1

camera スケールの大さが分り易いように人物を入れてみたよ

scissors(・∀・)イイ! 

下の写真左上、真っ白に映り込んでいるのが人です up

広大な景観だよshine

 トップシーズンでも、行列が、できんさかい happy01 

北海道はええなあ

shoe 登山道を登って行くとな footfoot 次々に、景色が広がって

  eye 見事やったで 

Img_2280_1

(´;ω;`)ウウ・・・でもな、

台風みたいな雨雲が cloud 次々に通る日だったよ

suncloudrain シャッターチャンスには苦労したよ

Img_2284_1

緑と sun 陽光に引き立てられて

鮮やかさが shine 際立っておりました ( ^ω^ )

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

風来坊☆加藤利助さんに会う!

この人が_1 shine 知る人ぞ知る,加藤利助さんです

西別山の歩きやすい登山道整備や

event 気持ちのよい山小屋管理のボランティア活動を続けているよ

家族連れでも気軽に登れる山として

登山者が爆発的に増えたそうです

利助さんは,その功績をなどを讃えられてpresent

西別山の尾根続きの山を

『リスケ山』と命名してもらうことになりました

_1_2

リスケ山からはfuji 摩周湖も見えるよ

_1_3

風来坊は, リスケ山⇔西別山⇔摩周岳を歩いたよ

草刈がしっかり出来て整備されてshine 

foot気持ちよく歩ける登山道が続いていたよ

これも、利助さんの活動の一つだよscissors

_1_4

登山道整備の委託を受けた人たちも

歩きやすい道つくりをupしておりました

_1_6

 

この日は、摩周岳山頂では typhoon すごい風が吹いていて

dramaトレードマークの帽子も typhoontyphoontyphoontyphoon 飛ばされそうになったよ

_1_7

西別山登山口にあるhouse 素晴らしい山小屋を紹介するよ

この小屋ができたのもpunch  もちろん、利助さんの功績大だそうですよ

_1_8

アカエゾマツ造りの 立派できれいな山小屋でしたscissors

 3,500万円ほどかかったそうです

誰でも気軽に利用できるよ

山小屋の中をお見せしましょう

正面が入り口ですkey

_1_9

吹き抜けのひろいスペース薪ストーブで暖もとれるよ

aries 布団や毛布もたくさん用意してあるんだよ

小屋の2階も、紹介するよ

_1_11

テラス付きの (゚m゚*) くつろげるスペースがありました

最初の、利助さんの写真に写ってるけど

山小屋と別棟に、使いやすいトイレもあるよ

happy01 快適な山小屋で

風来坊も restaurantcafebeersleepy のんびりしたよ shine

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

風来坊・旭岳へ

snow大雪山に雪が降ったとの事、早速旭岳へPhotorun

sun山すそには雪は、無かったんだけど、

登るにつれて積雪が深く、ガスも出て視界は悪くなりshock

アイゼン無しゆえ、足元を固めながらの山行になったよPhoto_2coldsweats01

bell夏の旭岳にも登ったけど、やっぱり雪山は魅力的やなあlovely

sign02それが命とりにもなるのかもなsweat01

Photo_3

impact頂上の標識にはエビネが出来て厳しさを感じさせるよ

 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ   

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風来坊・雪に捕まる

                                                                                                                        Photo_4

flair大雪山での、最後の紅葉をと層雲峡で撮影していたよPhoto_6camera

cloudしばらくして雲行きが怪しくなったと思いきや急にtyphoon激しく雪が降ってくるやん

見てる間に足元が白くなるやないかいなsnow

これはえらい事になるで風来坊のcar石松君は、晴れている日は、威勢がいいんやけど、

雪と、お姉さんには、めっぽう弱いんやcoldsweats01

thunderてな事で即、層雲峡を後に三国峠まで下って来ると、嘘のように天気は良く

,今日はここで泊まって朝焼けの山並みを撮るつもりでいつものお気に入りの所で泊まることにgood

eyeあくる日、起きてビックリ、えらい静かやなあと思ったら、回り一面雪景色やないかいなPhoto_9 sign03

coldsweats02車道まで出てマタマタびっくり、登山靴で立ってられん位つるつるやないか、         

それででも橋の上まで行って写真を撮って来たものの

タイヤチェーンも無い石松君には下って行ける状態ではないわいな(´・ω・`)ショボーン

Photo_10

wobblyこれは、雪がなくなるまで待つか、

JAFにタイヤチェーンを持って来てもらうか、引っ張ってもらうしかないなあとたかをくくって、ふて寝していたところ 

昼前に車をノックされ、起きてみると,黄色い車、道路公団の人が

「昨日から動いてない見たいやが、大丈夫かsign03今、消雪剤を撒いたから昼過ぎには通れるよ」との事、

happy01ああ~アリガタヤ・アリガタヤ

snowboardそれから一目散に逃げ降りたのは、云うまでもない事、

ちなみに、三国峠は標高1150m道内最高所の峠なんだって

punch相変わらず馬鹿な風来坊でした。ハイ

・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。   

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

風来坊の大発見

fuji雌阿寒岳の頂上付近から見た噴火口 dashdashPhoto_2

西別岳から摩周岳を登った、あくる日、9月25日に雌阿寒岳を登ったんだけど

あまり変わった事も無かったのでブログには挙げなかったんよ(。>0<。)

flairそれから5日ほどして、ラジオで雌阿寒岳頂上への登山が禁止されたのを聞きear

写真を整理していて気が付いてしまった一大事bellrun

fuji雄阿寒岳には15年ほど前の地震による亀裂が有るのは聞いていたんだけど、風来坊は去年の8月にも写したのには全く無いんだよな punch  

  去年の写真

Photo_4

今年camera雌阿寒岳山頂から雄阿寒岳を写した写真に    雄阿寒岳の山腹にthunder大きな亀裂が走っているのを見つけたんだImg_2421_1_2shine    

 fuji阿寒岳1371m写真から推測するに                幅50m長さは500m以上は有るよなあ

これはエライこっちゃでbombannoyimpactと思いながらdanger

beer今晩の晩酌は何にしょうかと悩んでいるsign02風来坊でしたsleepy

(・_・)エッ....? 何があ~

drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

恐怖の露天風呂

footここ秋田県は小阪の奥奥八九郎spa

湯船の底からお湯と炭酸ガスが噴出dashするチョッと熱めの炭酸泉 

happy01熱風呂が好きな風来坊には最高なんだけど

アブが多くて有名なんや

kissmark血を吸う虫アレルギーの風来坊は

アブのいなくなる10月に行ったよ                      

Photoさすがにアブは居なくて、湯船に浸かったり出たりを、繰り返してたんだよ

其のうち何かピリピリして来たよsign02

初めはお湯が酸性なのかと思いながら入っていたんだけどeyeイタヨ、イタヨ、居ましたよ

蚊より小さなブヨではあ~りませんかsign03

去年も、虫アレルギーでnight夜中に、70km離れた網走の病院まで行ったオイラは

慌ててcar相棒の所に逃げ帰ったんだけどrun

すでに背中数箇所と、ヘソの下sign02cmに、右足太股の付け根secret写真で見せられない、ヤヤコシイ所を咬まれていたよpunch

     それから1週間は泣き続けwobbly 

赤く、腫上ってeye大好きな風呂にも入れなかったよweep

   (´・ω・`)ショボーン

                  drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

吾妻山2泊3日の紅葉狩り

maple西吾妻スカイバレーの紅葉を見るべく米沢方面よりアタックrun

途中からrain模様になり、標高が増すにつれて霧が出てくる状態で、霧の切れ間でcamera写したのがこの写真 

Img_2588_1_2 flairこれで霧がなく太陽に照らされたら綺麗やろなshineで、ここで夜を明かすことにsleepy

標高1410mこの駐車場で泊るのは風来坊一人、その夜は雨模様で風が強く、寒いのなんの布団の中に寝袋を入れて寝たよbearing

sunあくる日のラジオで今季一番のshock冷え込みとの事、その朝の6時ごろの写真

正面の吾妻山にsnow雪が積もっているのがeye見えるよ           

_1_2  

霧は無かったんだけど高曇りで太陽は出なかったな

今度いつ此処に来れるか分らないし、急ぐ旅でもない風来坊は、此処でもう一晩泊ることにscissors

_1

今朝はsun太陽は出てくれたんだけど薄く霧が出る天候

lovely女心と山の天気は思うようには成らないなとcoldsweats01今更ながら思い知らされた風来坊でしたng

  Σ(゚д゚lll)アブナッ !

                                       drama     

                                                                                                                                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

冠雪富士を見る

paper富士山に雪が積もったのでfuji撮りに行こうとの誘いを、二科会のA氏より頂きPFJのO氏、写友のO氏、と共に精進湖に集うことにrun

初日の朝からrain模様で夕方頃に、三合目位までが見えた程度で写真にならず

あくる日の昼過ぎにやっと姿を現したんだけど、雪はほとんど解けた状態でがっかりImg_2794_1weep

4日目と5日目に雨が降ったんだけど富士山の姿は見えず

あくる日に二十曲峠に移動し、昼過ぎにやっと姿を見せ始めたよeye

そのsnow冠雪富士にいつも見慣れている諸氏からもオ~と歓声が挙がったpapersign03                            

 二十曲峠よりeye    _1_2 

         

忍野八海より eye          O                                                                                  Img_2918_1

精進湖よりeyeImg_2978_1

Img_2956_1

S 

_1

朝霧高原より

A 

happy01嬉しいコメントを頂いたのは、羅星クラブの山岡さんではsign02頑張っておられる様子で懐かしいですscissors

coldsweats01写友の古川さんと森本先生にはアドレスを知らせておいたのですが 

sun皆さん、変わりはないでしょうねhappy01

sun今後の羅星の益々の発展をお祈りしていますshine

(* ̄ー ̄*)

drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

琵琶湖大学駅伝

paper京都に帰ってきて先ず琵琶湖の湖西線を走りたくて         羅星の森本先生と出かけたよrvcar

湖西線に来たらよく立ち寄っていたcafeパレットに行き美人のママとの久しぶりの再会と語らいに花が咲きすぎcoldsweats01

表に出たときにeyeビックリ仰天 進行方向の車線がピクリとも動かない大渋滞sign02 反対車線は車一台走っていないではないかいなshock

ママに聞いたところ 今日は琵琶湖大学駅伝runだとか、    

ラッキーscissors喫茶店にお客が居ないのを良いことに ママと一緒に総てのランナーに声援を送ったよhappy01

Img_3040_1_2

Img_3045_1_2Img_3046_1_2Img_3047_1_2Img_3053_1_4

結果は招待校で総合一位 第一工大(鹿児島) 二位 立命大 三位 京産大 

happy01躍動感あふれる走りを目前に感動したね

cherryblossom春には桜見物で賑わうマキノ町 Img_3066_1海津大崎の桜maple                 

Img_3072_1_2 

 

    _1_3 

白髭神Img_3060_1_2より

以前は、先生と二人で よく出かけたのを想いだすな~rvcar

私の父親が生きていたら同じ歳ぐらいなのもあって、親子の様な付き合いをさせてもらい  写真に対する姿勢やら人生訓を教わったような気がするなgood

この日も夫婦のありように尽いて 耳の痛い意見を頂いたりと有意義な時間を過ごせましたsign02 ハイ  coldsweats01 

   (;´д`)トホホ…

              drama

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

南紀勝浦を行く

maple紅葉前線に押されるように、常夏の地 南紀勝浦に到着rvcardash

ここは、人も街も常夏で暖かいよconfident

good懐かしい地元の人や キャンパー仲間から歓迎され、感激しきりhappy01

新鮮な牛のレバーやら、イセエビ、蟹、みかん、白菜、たまねぎ、釣りたてのアジ,カマス、ポテトサラダ、などの差し入れを頂き一人旅の風来坊は助かっとりますscissors

sharpキャンパーが集える条件には、いくつか、ある中で、

 cancer気兼ねなく無料でcarがとめれる

 cancerトイレが有る

 cancer飲料水が有る

 cancer近くに風呂が有る(低料金&無料)

この四つは、欲しいな、しかも、ここには

 moneybag食料の買出しが歩いてでもいける

 fish毎日、無料で、釣りが出来る(アジ、鰯、カマス、グレ、ヒラメ、タイ、アオリイカ、イセエビ、)

 wave近くに風光明媚で、有名な観光地が盛り沢山

しかも、人も気候も暖かいhappy01

 flairこんなに、良い所に、集えるのも キャンパー仲間のマナーが良いから続いてるのやろな~sign02

  airplane空撮による那智勝浦漁港全景  駐車帯左から3台目が風来坊の愛車happy01Img_3254_2_1    

  parkingくつろぎの駐車場_1 

sun温暖な気候で、いつまでも咲き続けるハイビスカスPhoto_3

 fish太公望で賑わう波止場 _1 

spa私の好きな露天風呂(300円)の側にある  毎分数百ℓの温水が噴出す 無料の洗濯場Photo_5

restaurant地元の人の差し入れで、靴より大きな、伊勢海老と蟹Photo_4  

nosmoking公園内を毎日ボランティアでゴミを拾って下さるMさん_1_3

      

ここには、春まで居たい所なんだけどせめて、正月ぐらいは家に帰らないとね、嫁に、叱られそうですcoldsweats01

        。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

          drama      

        

                        

                              

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

橋杭岩&古座海岸

camera南紀には沢山eyeビューポイントが有るんやけど今回は朝の橋杭岩と古座海岸に出る海霧を取材に行ったよhappy01

sun夜明け前の橋杭岩_1        Photo_2                                                                                                                                              

_1_2

wobbly今回の撮影,本当はドジってるんや

11月19日、 夕方から急に寒くなり slateでも今季一番のdown冷え込みの朝になると聞きear ひょっとしたら海霧が出るかもflair と撮影現場で泊り込むべく古座海岸に向かったんやrun

古座に着いてから迷いだした、幾ら寒うなる、いうても、11月に海霧は出んやろうsign02  以前良く撮影に来たのは2月で水道管が凍るsnowとの予報を聞いて200km以上を走って来たもんやったrvcardashそれでも、なかなか海霧は、出んかったナ~wobbly  

海霧が出ないと ここではcameraにならんな、そのてん、橋杭岩やったらどんな条件下でも、朝になれば写真になると判断ng  しかも古座からは10km弱という事で、橋杭岩に移動、それが、上の写真sign02、 帰り道古座まで来ると7時を回ってるのに  結構濃い霧が出てるやんショックweep 

ショックのまま帰って来たその日の晩、夜半から冷え込んで来たのと諦め切れないのとでnightに出かけて行って、明け方、写したのがこれcamera

  sun明け前の古座海岸                                                                                                                                                        _1_3

_1 flair海霧は寒い朝にしか出なく寒暖の差が大きい程出やすいらしい

こういう、art発色は太陽が出てから3分以内が勝負だよ、 その時に船が居ると良いんだけどな 6時55分撮影delicious 

側にいた地元のカメラマンに聞いたところ、昨日の方がいい霧が出たよといい、11月から12月にも結構でるんだよ、との事paper 

sun前日の太陽が昇りきった7時17分撮影_1_4

たまに、来たぐらいでは、いいのが撮れないよsign03、という、事かな~weep

   (´・ω・`)ショボーン

           drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

やったぜ! baby!

 camerashine古座海岸の海霧

Img_3542_1

happy01ついに撮れたよscissors

通いに通ってrvcardashdashdashdash4回目 

やっと 風来坊のイメージ通りのcameraカットが撮れたよんup

この朝はsun日の出の時刻に通ったのは ship一艘のみ

たった一度のシャッターチャンスやったよthunder

思えば 前の晩に 

sad撮影場所近くの駐車場に車を入れるのに擦ってしまうわ

punchやっと寝込んだところでお巡りさんに職務質問されて

着いてから食事するときに飲んだ酒を酒臭いと言われるわ

coldsweats02職務質問の模様をブログアップしたいと撮影させてと言って怒られるわ

踏んだりboutique蹴ったりの風来坊やったけどdown

wink念ずれば通ず  heart神は我を見捨てず notesありがとさ~ん

  (v^ー゜)ヤッタネ!!

          drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

オープン・アップ・開聞岳

fuji今年最初の記事は、薩摩半島、南端にある開聞岳(924㍍)登山で幕開けhappy01 開聞岳は薩摩富士の別名を持つ、

fujisleepy休火山で錦江湾の入り口に位置してる、ところから   海門岳という、異名もある。Img_3677_1

この日は菜の花マラソンの当日、終わるまで通行止めImg_3698_1happy02

coldsweats01去年の正月に妻と登る、約束を、私のワガママで行けず、1年後の実現に、なったhappy01

shoe登山コースは登山口より7合目までは、鬱蒼とした、   

樹林帯の中を進み、7合目にしてようやく、展望が開けてくる、この日は、このところのtyphoon寒波の到来で、8合目から雪の上を歩くことになる、 

9合目からの急登坂では、踏み固められた雪は氷状態、でコンパウンドの堅い登山靴では、ツルツルで、3点支持、を忠実に守っての山行になったcoldsweats02

頂上は巨岩が積み重なったよう、 視界は360度の大パノラマに、疲れも吹っ飛ぶほどの感激happy01       

paper頂上でカメラを、持ってる仲間が、登って来れないと 嘆き、降りようとしていたdown熊本から来たパーティ、 

8人も居て誰一人カメラを持ってないのも珍しいなあsign02Img_3683_1 

   

                                                                                                                

久しぶりの登山を、無事に終えれたことに感謝scissors

        (^-^;

       drama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

雪の韓国岳へ

fuji開聞岳を下山して、霧島えびの高原の、天気予報を検索すると、明日だけは快晴、その後は第二派のsnowtyphoon大型寒気団が来るとの事         

今から高速を使えば、明日、えびの高原、最高峰の韓国岳に、登れるかもで、rvcardash走りに走り7時過ぎには、えびの高原着、着後spaに入り明日に備えて就寝downsleepy

eye朝起きてビックリ一面の雪景色、これでは暫くは動けないな、あとは山行に良い天気待ち、結局、この日は晴れ間なく明日に期待をweep

二日目の7時過ぎ青空が見え始めてきたのを、見定めていつもの山行弁当(俵むすび、と出し巻き卵)を作り始めたよscissors

準備が出来た時には、どこにも青空はなく、どんよりと、snowまでちらついて来たよ、行ける所まで行こう、そのうち、天候が回復するかもと期待しつつ出発 

typhoon風が冷たいのと、ホワイト・アウト寸前Img_0034_1。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

  sunこの日一度だけ、明るくなった瞬間Img_0021_1

                                                                                                                                                                            

Img_0042_1

三日目sun、この日は下山するつもりで準備をしていたんだけど、あまりの晴天に誘われて、弁当も持たずに登ることに

昨日とは一変最高の山行日和happy01  Img_0067_1_1                                       

                                               

Img_0071_1 Img_0083_1 Img_0094_1_2 Img_0106_1  

大浪池の左上に見えるのが、錦江湾に浮かぶ桜島Img_0086_1fuji

韓国岳のピークImg_0104_1

eye手前から、新燃岳,御鉢、高千穂峰Img_0129_1

  愛車に取り着いたツララbearingImg_0146_1

   

coldsweats01去年も、雪に捕まったりと、懲りない風来坊、今年も波乱万丈、面白い年になりそうやな~shine

bleahコメンテーターの皆さん,楽しみにしといてやsign02

( ^ω^)おっおっおっ

                     drama

                  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

宮島の主峰、弥山へ

coldsweats01安芸の宮島にある厳島神社とともに世界遺産に指定されている弥山に登ったよshoe   

 左上が弥山(ミセン)の頂上、其の右の部分が土石流による崩落現場Img_0165_1_1

 shipJRのフェリーにて宮島へ往復¥340案外安いんだよねconfident 厳島神社の入場券¥300もしかりそれに比べて

parking駐車料金の¥1000weepが高く感じるのは風来坊だけかなshock

camera先ずは厳島神社へ向かうことに今日の朝の満潮は7時20分とのこと私が厳島神社に着いたのが 8時30分で満潮より1時間遅くなっているrun

Img_0184_1                                           

Img_0169_1_2

Img_0194_1 Img_0179_1

 高さ16メートル、自重60トンの大鳥居が海底深く埋められてると 思いきや

good敷石の上に自立してるとは風来坊も見習わないとなcoldsweats01 

               

弥山(ミセン)は標高535メートルで弘法大師が806年に開基して以来paper神々が宿る霊山として信仰を集めてきた山shine     

厳島神社とともに世界遺産の指定も受けていますscissors

山行は登りが紅葉谷コース下りが大聖院コースshoe2時間程

   eye頂上より南東の瀬戸内を望む                Img_0215_1

頂上にある干満岩という大きな奇岩に空いた穴 Img_0224_1_4 

Img_0225_1

巻頭のcameraにもあった崩落現場                                    

Img_0226_1       Img_0229_1                                       

動かざることfujiの如しと言われる霊山ですら、日々崩落により例外なく山景が変わり行くのを見るに尽けgood人の心の移ろいの儚さを感じずにはいられません。  ゚゚(´O`)°゚  

        drama

いやいや~こんな終わり方は 風来坊らしくないな~coldsweats01

 そうそう今日も有りましたbearing

観光マップで弥山への取り付きルートをeye 探している時

sign02突如可愛い子鹿がマップをガブリimpactpunchImg_0203_1                  

 

           bellオーイまだ見てないよ~weep

      。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

              drama                                                                                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

甲子園浜マラソン大会

  sun今日は創設4周年のマラソン大会sunImg_0241_1            

lovely会長さんの英語を交えたユニークな挨拶scissors

Img_0246_1

run校生以上から50歳までの10km一般の部でのrun   

crown優勝者は 森田 大介さん

scissors愛娘のピースサインなかなか良いでしょ

お父さんより目立っていたねhappy01Img_0271_1

clockは33分09秒と高レベルな大会でありながら

小学生の部、親子マラソンからウォーキングまでshoeImg_0248_1            

幅広く、アットホームな雰囲気が良いよなgood

又、今年から あしなが基金も始められ、          

さらに有意義な大会になりましたhappy01

参加人数も年々増え地元のボランティアの方々のご苦労も並たいていではないやろうなgemini

eyeご覧下さい風光明媚な ここのマラソンコースをImg_0261_1

私は行ったことがないので知らないんだけど 

waveハワイのホノルルマラソンのコースに似てると言うことで

ミニホノルルマラソンと言うよう

な位置づけで、スタートしたように記憶しているのですが

後ろには青い山脈の六甲山が控えfuji

海にはウインドウサーフィン愛好家が集うところyacht

足元に目をやれば阪神間に在りながら この綺麗な砂浜shine

それも其の筈 この砂は広島の瀬戸内の砂を遥々運んだんだよ

annoyそれで 納得 浜辺を歩くと、いろんな貝殻の中に牡蠣の貝を 波打ち際で、見つけ それを拾って来て開けてみるとeyeビックリannoy     

小さいながら ぷっくりとした立派な牡蠣ですよconfident     

Img_0277_1

こんな環境の良いところで毎朝runジョギング出来る

スーさんが羨ましいよ~wink

これからも益々お元気で甲子園浜runrunrunrunが末永く発展することを心よりお祈りしていますfuji 

          (* ̄ー ̄*) 

            drama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

引っ越しました

風来坊一人旅から run 遙かなる旅路へと引っ越したよscissors

また一段と編集力をアップしたのでup今まで通り見てなeye

  ここをクリック → http://blog.goo.ne.jp/go-furaibo

  またshine笑うてもらうで ~happy01

     ・

     ・

     ・

 次回予告編 coldsweats02

 【  駅……STATION  】sign04sign02                                                                                                                 

_1_2

 

【 混浴露天風呂 】spa

Photo_2  

  ……?

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«甲子園浜マラソン大会